FC2ブログ

書評「エニアグラム進化論」

エニアグラム進化論―グルジエフを超えてエニアグラム進化論―グルジエフを超えて
(1994/05)
前田 樹子

商品詳細を見る


単なる性格分類とは異なる、神秘学としてのエニアグラムの歴史に言及した一冊。
グルジエフの思想はすぐに理解できるほど単純なものではない。
この本にも紹介されているオクターブや食物水素の思想は
本だけ読んでなかなかこれだ!と納得するには難解である。
ただ、現在流布されているエニアグラムというものが
そもそもどういう経路で広まったのか。
セミナー等でも(多分)軽く流されるだけのゲオルギイ・グルジエフが
どのような人間であったのか。
通読すればざっと理解できるように書かれているのは有難い。

ただ、読み終わって疑問に思うのは
「何故各セミナーはこれをきちんと紹介しないのか?」ということである。
上記のオクターブ理論などは、確かに性格分類に使用するには適さないかもしれない。
しかし古代アフガニスタン云々のみが漠然と紹介されている現状には正直「?」である。
本格的な神秘主義思想は敷居が高く、説明する方にも負荷がかかるのは理解できる。
だからといってそこを曖昧にしてエニアグラムを学ぶのは何か違う気がするのは私だけだろうか?

因みに、この本では現在主流となっているエニアグラムの各学派が分類されている。
ご自身の学んでいるグループが何処に属しているか理解するのも大切なので、
エニアグラムを学ぶ方には一読をお勧めする。


スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

トラックバックテーマ 第1082回「最近読んだ本を教えてください」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「最近読んだ本を教えてください」です。水谷の、最近読んだ本は「カラフル」という小説です。つい先日まで、アニメ映画として上映されていたのですが原作の小説も読んで、すごく考えさせられました。小説とアニメでは、若干、内容が違うのですがどちらも、良い...
トラックバックテーマ 第1082回「最近読んだ本を教えてください」



『比較神話学の鳥瞰図』
比較神話学の鳥瞰図比較神話学の鳥瞰図
(2005/11)
吉田 敦彦

商品詳細を見る


各時代、各地の神話に関する論文17を集めたまさに「鳥瞰図」。
やはりどれも切り口が面白く、過去に日本語訳を読んだことのある原典を
もう一度読み返してみたくなる。
新しい道しるべをいくつも与えてくれる発想の宝庫である。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

whitebellsweet

Author:whitebellsweet
武蔵国府在住の兼業主婦。
エニアグラムコーチングの
インストラクター過程修了。
タイプは3w2。
ワークショップやセミナーの予定は
ブログのトップ記事から
スケジュールページでご確認ください。
趣味はベランダでのバラ栽培。
音楽(HR/HM、プログレ、古楽など)。
フィンランドのとあるバンドが大好きです(^^;;

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
お申し込みはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
Ads by Google
リンク
Twitter Update
RSSリンクの表示